巨大なテンペルホフ公園へ

先週末、息子の自転車乗りの練習をしに、テンペルホフ公園へ行ってきました。

テンペルホフ公園は元々は空港とその滑走路。
今ではその巨大な敷地は公園となって、市民から愛される憩いの場となっています。
ランニングをする人、サイクリング、凧揚げ、ピクニックなど楽しんでいる人達がいっぱい。

滑走路はとても広いので、自転車の練習にもってこいの場所。
去年の秋に買ってもらった自転車が、やっと足がちょっと着くようになったので、再練習。
(実は去年の秋頃、すぐに乗れたのですが、冬の間全く乗っていなかったため、乗り方を忘れてしまったのです。)

友人達からのアドバイスで、まずペダルの部分を外して、普段乗っているバランスバイクと同じ感覚で乗る練習から始めました。
すぐに感覚を掴めたようなので、ペダルを装着。
10分後にはペダルを漕いでちゃんと乗れるように。

それから、ブレーキを使って自分で止まる練習、そしてこぎ始めの練習。
これが少し時間がかかったけど、30分もすると楽しそうにグングン遠くまで乗れるようになりました。

今では毎日保育園まで自転車に乗って通園しています。めでたし、めでたし。。

 

さて、テンペルホフには菜園のような一角があり、ここがわたしのお気に入り。

 

息子と夫が自転車の練習をしている間、わたしは一人写真撮影会をしました。

ベルリンらしい、ちょっと荒れた感じの雰囲気があって個人的にツボな場所。

カラスです。
ベルリンのカラスは日本のカラスのように黒光りしていないので、ビジュアル的にそんなに怖く見えません。

 

バイクポロというスポーツを楽しむ人達。

この公園に行くと、いつも心がゆったりとした気分になります。
(ただ、行った後はいつもものすごい疲労感に見舞われます。
直射日光と風を直に受けるので、まぁ無理はないのかも。)

家族全員で楽しめるアクティビティが一つ増えました。
また三人で遊びに来たいと思います。

 

 

新商品のお知らせ

60年代レトロ フィンランドFinel 鮮やかな赤色ヴィンテージケトル

1960年代にKaj Franckによりデザインされた、Finel Arabia of Finlandのビンテージティーケトル・やかん。
白い花モチーフ入りのホーロー製。
くるんとした注ぎ口と大きくカーブを描いた取っ手がキュート。
ビビッドな赤色が可愛い人気の北欧雑貨です。


人気再沸騰! ノスタルジックなムーミン柄ヴィンテージ生地(イエロー) 幅110cm

ムーミンパパ&ママなどムーミン谷の住人たちが楽しく描かれた、フィンランド発・世界的人気のキャラクター「ムーミン」柄レトロファブリック。
ムーミン一族の楽しげな笑い声が聞こえてきそうな、ほんわか優しいデザインです。
クリームがかったイエローカラー。

北欧レトロ Hilja Design レトロフローラル柄ヴィンテージクロス 47cm x 42cm

フィンランドで見つけた、スウェーデンHilja Designによるレトロなフラワー模様のビンテージクロス。
シンプルなのにキュートさ満点の北欧らしいデザイン。
ランチョンマットとしてもお使いいただけます。


青色ドットと赤色ニンジン ヴィテージ前掛けエプロン

ベルリンの蚤の市で見つけた、太っちょな人参のイラストがレトロ感たっぷりな前掛けタイプのエプロン。
水玉模様の青色生地と赤い紐のコントラストがとってもキュート。
ポケット部分は3つに分かれています。


大人気マリメッコ! 1963 Melooni ヴィンテージ青色ファブリック 140cm x 83cm

フィンランドで仕入れた日本でも大人気のmarimekkoのレトロファブリック。
マリメッコブランドの立役者となったMaija Isola(マイヤ・イソラ)によるデザイン。

0

コメントする